赤本買取ランキング

書き込みがある赤本の買取

書き込みのある赤本も買取できる?

受験勉強で毎日使う赤本は、書き込みをしながら使う方もいますが、赤本買取でも買取ってもらうことができるのでしょうか。赤本買取の査定基準や注意点を分かりやすく解説しました。

減額されない!書き込み有りの赤本買取のポイント

書き込みのある赤本の査定結果は?

受験勉強の参考書や問題集に書き込みをされる方も多いようですが、実は赤本は買取時に書き込みがあると、買取できないことが多くあります。

買取られた赤本は再販され、次の受験生が勉強に使用するため、書き込みなどがあると使用しづらくなるため、人気がなくなってしまうのです。

そのため、書き込みを始めとする傷や汚れのひどいものは、赤本買取に送る中から除外しておきましょう、

ただし、線が引いてあるなど書き込みの程度が軽いものであれば、買取してもらえる場合もあります。

買取店によって書き込みの程度の判断は異なりますので、事前に買取店のホームページなどで確認しましょう。

希少性の高い赤本は書き込みも買取OK!

書き込みがされている赤本でも、絶版になっている人気の赤本や、古くても希少性の高い赤本の場合には、買取してもらえる可能性があります。

特に、1990年以前の赤本は価値が高く、多少の書き込みがあっても買取可能です。

書き込みのない綺麗な状態よりは価格は下がってしまいますが、値段はつけてもらうことができますので、不要になった赤本の処分という意味では良い方法と言えます。

古い赤本は経年劣化により黄ばみやよれなどが発生しているものが多いため、できるだけ早めに赤本買取に出し、綺麗な状態で査定してもらうのがおすすめです。

赤本以外の参考書を買取ってほしい時は?

赤本以外にも、参考書や問題集をまとめて買取ってほしいという場合には、書き込みの有無によって買取できるかどうかが決まります。

基本的に、市販されている参考書や問題集の場合は、書き込みがあると買取できないことがほとんどです。

しかし、予備校専用のテキストや塾でしか手に入らない問題集など、市販されていない参考書や問題集は、書き込みがあっても中古として人気が高いため、買取してもらうことができます。

色々な参考書に書き込みをしているという方の場合は、予備校の参考書・問題集を中心に買取に出すと高価買取が期待できます。

↑PAGE TOP